2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

レーザー治療

笑顔の女性

現在、医療の現場においてはさまざまな種類の高度先進機器が導入されていますが、レーザー治療機もその1つです。
レーザーは通常の光とは違って広く拡散せず、一点に集中して高いエネルギーを照射することができるという特性を持っています。
この特性を利用して、患部に直接触れることなく物理的な変化を与えるような治療が可能となります。
具体的な利用法としては、前立腺肥大症や痔疾の手術時における病変部の切除、レーシックと呼ばれる視力矯正手術における角膜の蒸散、花粉症治療における鼻粘膜の変性などが挙げられます。
また、いわゆる美容医療の方面においても積極的な利用が見られます。
シミやそばかすの除去、青あざや赤ら顔の解消、脱毛などがその代表例です。

毛穴の開きにも

こうした美容医療の中で、最近注目を浴びているのが毛穴治療と呼ばれるものです。
一般に加齢が進行すると肌が弾力性を失い、毛穴の開きが目立つようになります。
いわゆる「いちご鼻」などと呼ばれる状態がこれに当たります。
さらに汚れや古くなった角質などが中に溜まり、黒ずんで見えるようになることもあります。
こうした状態を解消するためには、従来はパックなどで汚れを落としたり、マッサージなどでお肌の血行を促進したりといった方法が一般的でした。
レーザーは、こうしたやり方よりもさらに直接的にお肌にアプローチします。
具体的な施術方法は数種類あるのですが、共通しているのはレーザーの熱によって古い皮膚細胞や角質層などを除去し、新しい皮膚に入れ替えるという点です。
つまり熱の刺激によって代謝機能を高め、若くて活力のある皮膚細胞を生成することによってお肌を引き締め、毛穴の開きを解消するというわけです。